FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【裁定変更】コスト軽減における能力の上限について

koxtuko.jpg
裁定変更があったので(3/25付)
dmrulechange28.jpg

田園補完計画様よりお借りし引用させていただきました。


コスト軽減における能力における上限について

《コッコ・ルピア》などのコストを軽減して召喚を行う能力のカードについて、

バトルゾーンに自分の
「コストは2より少なくならない。」という能力のクリーチャーと、
「コストは1より少なくならない。」という能力のクリーチャーの
2体があった場合、

最終的なコストを軽減できる条件は、
「コストは2より少なくならない。」となります。

これからもデュエル・マスターズのより良いゲーム環境のため努めてまいります。
ご理解のほどよろしくお願い致します。






はい。
テキストに関するエラッタはここ最近何件か出されましたが
ルールに関する裁定変更は同時に墓地に送られる際の処理の裁定以来になりますね。

こういう重大なルール変更はもうちょっと大々的に告知してもよさそうなものですが・・・それはさておき。


では今回の裁定はどのような影響をもたらすのか考えて見ましょう。

裁定変更の影響
dmd07-015.jpgdmc67-021.jpg

自分のバトルゾーンに《コッコ・ルピア》《ルピア・ラピア》がいます。
この状態で自分のドラゴンを召喚する場合、
同時に《コッコ・ルピア》「■自分のドラゴンの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは2より少なくならない。」という効果と《ルピア・ラピア》「■自分のドラゴンを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。」という効果が発生します。
今までは《コッコ・ルピア》の効果を使った後、《ルピア・ラピア》の効果を使う、という手順で効果の処理ができたため
上記2体のクリーチャーが自分のバトルゾーンにいるとき
コスト4のドラゴンを《コッコ・ルピア》の効果で召喚コストを2少なくした後(この処理時にコッコの軽減条件、「ただし、コストは2より少なくならない」は満たしている。)《ルピア・ラピア》の効果で召喚コストを1少なくし1コストで召喚することができました。

しかし今回の裁定ではこの処理が不可能となり召喚時のコストは2以下にはならないという裁定になります。


さてでは今回どうしてこのような裁定を出すことになったのでしょうか。
DM事務局のほうに聞いてみました。


今回なぜこのような裁定を出したのでしょうか?経緯を教えてください。

(回答者3)
はい。
今回このような裁定を出すことになったのもウィザーズ本社のほうから、「■~ただし、コストは2より少なくならない。」という強制効果ととれるテキストが処理の順序によって無視されるのはおかしいということで今回の裁定になりました。
今後はどのような場合でもコストを軽減する能力を併用する場合、複数の「■~ただし、コストはXより少なくならない。」の中でもっとも大きい数値よりは小さくならないという裁定でお願いいたします。
(部分要約)




まあ大雑把に書きましたがこのような感じ。
《コッコ・ルピア》のようなコストを軽減する能力は効果を発揮し続けるクリーチャーが場にい続ける限り発動する能力ですのでどちらかといえば常在型能力の性質を持っています。
なので今までのような1つ1つの効果を処理するという順序ではトリガー能力として扱われてしまっていることになるのです。

常在型能力は基本効果を処理するという順序を踏まずそのカードが指定の場にある限りずっと効果を発揮し影響を及ぼし続けるカード群です。(後々解説するつもり)

今回のルール裁定は今までの事務局のコスト軽減の効果の見分け方にウィザーズ本社との齟齬が生じたため出されたのかなと思いました。



今回のルール裁定によってDRで実際起きそうなルールミスがこちら。
dmc55-065.jpgdmx13-018.jpgdmx13-024.jpg

《フェアリー・ギフト》《メッサダンジリ・ドラゴン》などの汎用性の高いコストを軽減する際に条件がついているものとコスト軽減に条件のない《戦慄のプレリュード》を併用した際の事例です。
場に、《メッサダンジリ・ドラゴン》がいて
《フェアリー・ギフト》《戦慄のプレリュード》を唱えました。
この状態で《「命」の頂 グレイテスト・グレート》などのコストが10のアンノウン/ゼニスを召喚するとします。
今までの裁定だと《フェアリー・ギフト》《メッサダンジリ・ドラゴン》の効果を処理した後、コスト軽減に条件のない《戦慄のプレリュード》を処理することで効果の上書きができ、0コストで召喚できたわけですが
今後はこの「■~ただし、コストはX以下にはならない。」は上書きができずに残り続ける強制効果となりましたのでかならず《フェアリー・ギフト》《メッサダンジリ・ドラゴン》の条件にあるコストを1必ず支払わなくてはなりませんのであしからず。



ではでは
とりあえず次回は前回予告したほう書き上げたいと思います。てへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鐘子

Author:鐘子
Is the man alive?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。